Jクオリティのホームページからのお客様

先日初めてJクオリティのホームページを見て、電話でお問い合わせいただいたお客様が来社されました。新たにカットソー工場を探されて、各地の工場を周っておられるとのことで、知っている工場様のお名前も出てきました。まずは、そういったお声掛けをいただけることが有り難いです。お仕事の関係としてスタートできるかは分かりませんが、まずは多くの方とお話するところから、スタートできればいいなと思っております。

 


今回のお客様はTSS(トヨタソーイングシステム)の立ちミシンをご覧になられたことが無かったようで、どんな特徴があって、どんなメリット・デメリットがあるか等、興味津々にご質問いただきました。まだまだ勉強中なのですが、TSSのメリットとして考えられるのは、各ラインの1日の上がり数が読みやすく納期の管理が分かりやすいこと、1枚毎に流れていくシステムですので、上がってきた最初の1枚をチェックすることで品質管理がしやすい。また短サイクルの小ロットにも適しているように言われてきました。デメリットとしては、数工程をこなす多能工が必要であることや、ミシン台数が多く必要となること等があげられると思います。

メリットであるはずの短サイクルの関しては、材料の供給にも短サイクルが求められ、昨今のように様々な生地や付属部品が揃わないといけないことや、小ロット生産で大きくデザインが変わると、ミシンの配置組み換えに大きなロスが伴ってくるケースがあるので、これまで言われていたメリットが活かせないケースが多々見られるようになって来ています。今後も研究して、より効率的な方法を考えないといけないと考えております。