サクラ咲く季節と、大量出荷の季節

一旦、寒波が来ましたが急に温かくなり、大阪は桜が咲いています。本社近くの御霊神社や、靭公園は桜がきれいに咲いています。いまは七分から八分といったところでしょうか。桜から皆さんは何を一番イメージされるでしょうか。やはり花見のの宴会のイメージでしょうか、卒業式や入学式シーズンというイメージとも重なるかもしれません。そして僅かな期間にパッ咲いて、鮮やかに散るという日本人の死生観を思い浮かべる方もおられるかもしれません。

私たちの会社では、この季節に春先から大量にポロシャツを出荷するので、ある意味「巣立ち」のような感覚があります。商品がやがてお店に並ぶ時に、お客さんに手に取ってもらえるか不安と期待を持って送り出す、そんなイメージでしょうか。工場はフル稼働し、出荷作業に追われる毎日です。そのうち店頭を覗いて、商品が並んでるのをコソッと見て「ガンバレヨー」という気分になったりすると思います。


一日に大量の出荷がある時の工場出荷場の風景は沢山のケースに埋もれて作業をしています。無事に旅立ってくれことを願って、鋭意作業を続けます。