中国福建省 三興丸松工場に出張中①

久々の中国出張が自分のこれまでで一番長い出張となりました。福建省は熱帯なので昼間はすでに結構暑いです。朝晩は急に気温が下がって来るので寝苦しいようなことはありませんが、いろんな地区がお祭りシーズンらしく、夜遅くまでどこかで花火が上がったりしています。工場の初期に比べるとずいぶんと発展しているようで、ホテルも快適に過ごしてますが、田舎なので日本の放送がやっているはずもなく時間を持て余して、夜がずいぶんと長く感じます。



 


 

工場では夏物の最終段階を生産中で、明日にも出荷しなければならない製品がアイロン・仕上げ・検品・箱詰めに追われています。去年に工場の移転を終え、三階建てのまとまった工場になりました。1階で生地を受け入れ、裁断を行い、2階で縫製、3階で仕上げ・たたみ・梱包されて、エレベーターで降ろして出荷される流れになっています。

福建省は皆さんご存知のお茶と、果物の産地として有名で、今はビワが出回っています。写真は工場でお昼にデザートにいただいた龍眼という果物です。去年に採れたものだそうですが、美味しくいただきました(^^)


近くの日系工場の社長さんが来られていたので、晩御飯をご一緒させていただきました。工場近くの屋台での夕食です。屋台と言ってもまるっきり外で食事するのではなく食材を選んで調理していただき、プレハブのような小屋で食事する感じでした。

 

日本でも馴染みのある、煮豚やチャーハンからちょっとグロテスクな魚の煮物があったり、鳥料理は頭もはっきり乗せられていて、中国らしさを感じましたね。さすがに、、、これは食べる気になれなさそうです。

さて、出張はまだ続きます、、、