UV対策の生地

本格的な夏が近くなってますので、女子を中心に気になるのが紫外線(UV)対策ではないでしょうか。すごく気にされる方はもちろん日傘も使われますが、服にもUVカット機能のある商品を選ばれる方も多いと思います。オゾン層の破壊もあって、人体に有害な紫外線量も増えているとのことですので、老化の防止や皮膚癌の予防も含めて女性だけでなく男性もちゃんと対策するほうがいいのではないでしょうか。



紫外線(Ultraviolet)とは目に見える波長の可視光線より、短い波長の電磁波で人間の目には見るとはできません。UV-A~Cまで区分されていて、UV-Cよりさらに短い波長としてはX線やγ線といった領域がありますので、波長が短いほど強く、人体には有害になってきます。地上に届いている太陽光の内、99%はUV-Aという紫外線で0.1%くらいがUV-Bという紫外線といわれています。より人体有害なUV-Bの多くはオゾン層によって吸収されますが、主に1990年台前半まで使用されていた特定フロンであるCFC(クロロ・フルオロ・カーボン)がオゾン層を破壊してしまったことにより、有害な紫外線がより多く地上に届くことになってしまったのです。以降、UVカットの化粧品やウェアでのUVカット機能に感心が集まり、アウトドアウェアやスポーツウェアでは特に求められる機能となりました。


では、どういった生地が紫外線対策に良いかというと、単純に生地の厚いものや色の濃いもの、つまりは光を通しにくいもので十分に効果があるようです。ですが、この暑い夏にそんな完全防備の服装をするわけにもいきません。薄くても効果があるものはといいますと、まずはポリエステル素材、そしてウール。その2つは加工等をするまでもなくかなり紫外線をカットしてくれるようです。特に人体に有害なUV-Bのカット率が高いということです。ポリエステルのような化学繊維に対して、さらにUVカット機能を上げるためには、酸化チタンや特殊セラミックの微粒子を原料に練り込む方法が取られます。無機物によって光をを吸収・反射させることで肌に到達する紫外線量を大きく軽減することができます。綿のように紫外線を透過してしまう素材には、紫外線吸収剤(ベンゾフェノン系・ベンゾトリアゾール系)をバインダーなどで繊維表面に付着させて紫外線をカットする加工が施されますが、これは原料に練り込む方法と違って、洗濯によって効果が落ちていってしまう欠点があります。

写真の生地は綿55%・ポリエステル45%のワッフル生地です。こちらの生地はUPF30から50+の効果があり、UVカットの原料を練り込んだポリエステル糸と綿部分を後加工でUVカット性能を高めている素材です。生地に関しては他にも、織生地の方が編み生地より遮蔽性が高く、編み生地でも組織が詰まっているほうが遮蔽性が高い。生地の厚い方が、薄い方よりも遮蔽性が高く、色も薄いより濃いほうが遮蔽性が高いという、見た目通り光を通さないほうが効果があるようです。
但し色が濃い程、今度は光を吸収することで赤外線の熱エネルギーに変わって熱くなってしまうので、なかなか悩ましいものです。
色が薄くてもポリエステルにUVカット素材が練り込まれたものが、一番快適に過ごせるかもしれませんね。


因みにUPF(Ultraviolet Protection Factor )とは、南極オゾンホールの影響を最も受けているオーストリア/ニュージーランドで定められた世界基準の紫外線保護指数で、数値が高いほど効果があり、UPF50+を最高値としています。裸の状態で15分間の日焼けをUPF1という値と設定しています。UPF50の服を着ていた場合は 15分×50(UPF値)= 750分(12.5時間)でようやく同じくらいの日焼けを起こすということを意味しています。

日焼け止め化粧品に使われているSPF(=Sun Protection Factor)はUV-Bに対する基準で、20分間日光に肌を晒した状態に比べて、同じ状態の日焼けになるまで何倍の時間がかかるかを意味しています。SPF30の日焼け止めを塗った場合は、20分×30(SPF値)= 600分(10時間)日光にさらされると、日焼け止めを塗っていない状態の20分と同じくらいの日焼けをすることを意味しています。またPA+という表記はUV-Aに対しての効果のことで+が増えるほど効果が高いことを意味し、PA++++が最高値となっています。